So-net無料ブログ作成

不動産投資 地方プレミアム投資術で成功するポイント [不動産投資 地方プレミアム投資術 口コミ]

不動産投資 地方プレミアム投資術で、なぜ成功せきるのか?

そこには「ほうせい氏」の、地方の不動産投資で成功する

独自の研究と独自の投資理論があるからです。



そんな「ほうせい氏」の不動産投資 地方プレミアム投資術

不動産投資成功ノウハウとして推薦されている

藤山勇司先生の3つの成功のポイントをチェックしてみましょう。


不動産投資 地方プレミアム投資術→詳細を確認





藤山勇司先生からの推薦の言葉

----------------------------------------------------------------
素晴らしい大家さんへの道筋を開発なさいました。
伊藤ほうせい氏の努力の数々が 体系的にまとめられています。

本プログラムを熟読していただければ、
収益不動産の活用術をご理解できることでしょう。

ただし、生兵法は怪我のもとです。


最初の一歩が大切です。

初めに購入した物件の収益力が低いと長い間苦労することになります。
悪くすると、本業からの給与で穴埋めしないといけなくなるかもしれません。
推薦状とともに、“地方プレミアム投資術”の活用法を
三つに絞り解説いたしたいと思います。



①『立 地』

大家さんとして成功するための第一は立地です。
そしてその立地を理解するための努力を惜しんではなりません。

立地の性格をどのように理解してゆくのか、
ほうせい氏の真骨頂の一つはそこにあります。

本投資術では現地調査の方法を筋道たてて解説されています。


「まっ、いいか。業者もいいと言っていたし」

こんな人任せの判断で大事なお金と時間を賭けてはなりません。
業者の言葉は『意見』に過ぎません。裏は取ったのでしょうか。
セカンドオピニオン、サードオピニオンは聞いてみたのでしょうか。

何を聞くのか、そして公表されている資料から読み取れるものは何か。
こうした手順を”地方プレミアム投資術”では詳述しています。

どうか、面倒くさがらず、手順通りに進めていただければと存じます。



②『実質利回りとキャッシュフロー』

ほうせい氏は冒頭、ロバート・キヨサキ氏の言葉、
「私のポケットからお金を取ってゆくのは負債であり、
入れてくれるのは資産である」を紹介されています。

まさにその通りです。

物件の大きさに惑わされてはなりません。

億を超える物件を購入できるとなると、目先のキャッシュフローが
どうでも良くなる方がままいらっしゃいます。

とんでもないことです。

どんなに良い立地に立つ見栄えの良い物件であっても、
お金を生まない貸家を持ち続ける価値はありません。

当初はなんとかキャッシュフローが回っていたとしても
90%の入居率を切ると、キャッシュフローが逆転する物件は綱渡りです。
ご理解できるでしょうか。

そんなディールは投資ではなくギャンブルです。


RC造の建物は返済期間を比較的長く取れるため、
表面利回りが10%程度であってもフルローンでの購入に踏み切る方が
いらっしゃいますが、5年も経たないうちに根を上げる人々が続出しています。

その危険性とその根拠を詳細に解説していらっしゃいますので、
熟読していただければと存じます。
 
利回りの低い物件ばかりではありません。

表面利回りが15%を超える物件も世の中には存在します。

どこでそのような情報を入手し、その情報をどう活用するのか、
ほうせい氏が自ら実践してきた方法を紹介されていますので、
ご活用ください。



③『金融機関活用術』

資産もなく資産家の子供でもない一般人が自立した大家さんとなるためには
金融機関といかに付き合うのかが大切です。

ここに鍵があります。


ほうせい氏は現役の大手●●●●の社員でもあります。

だからでしょうか、金融機関の痒いところを詳細に理解されているのでしょう。
どんな資料を作ればよいのか、その資料を作るために高稼働率の貸家業を
実行するためのプログラムも詳細に解説されています。

具体的です。

そして、金融機関に提出するためのテンプレートも提供されています。

これはとんでもない武器となります。

言い換えれば大手●●●●の頭脳をわずかなお金で
己の物とすることができるからです。

社会人になると、カンニングはオールオーケーです。
分からなければ他人の知恵を利用すればよい。

覚えていないことがあれば、書籍や検索で確認すればよいのです。


地方の物件への担保づけは無理と諦めてはいないでしょうか。

そんなことはない。
東京在住の投資家であっても地方物件への融資を実行してくれる
金融機関は存在します。

金融機関名を含めて紹介されているのでご活用ください。

そして、ほうせい氏の真骨頂はその理念にあります。

貸家業をインフラ事業と捉え、プロの経営者としての自覚を持つ。
この心構えが一番大切であると説いていらっしゃいます。

まさに至言です。

こうした姿勢こそ、金融機関から見れば安心して融資のできる
経営者になるのでしょう。


さて、最後となりました。

私は20万室を所有する化け物のような大家さんになりたいとは思いませんし、
応援するつもりもありません。

願わくば、20室を所有する一万人の自立した兼業大家さんの
誕生を心から願っております。


自立した大家さんが各地に各職場に誕生すれば、
幹部は安穏としていられません。

なぜなら、自立した大家さんは生活のための仕事ではなく、
仕事のための仕事をなさるからです。

無理な指示、違法な業務命令には決然と『NO!』を突きつける。
こんな方々を多くのサラリーマンは心待ちにしています。
(言ってくれた。俺の言いたいことを。よし、あの人につこう)

流れはひょんなことで変わります。
私はこうした自立した大家さんが数多く出現することこそ、
声を出せず、悔し涙を流す人々の希望となると信じております。


あわてず あせらず あきらめず


この三つの『あ』を胸に、一歩一歩あるいてゆけば、
必ず自立した大家さんになれます。


大家さんはギャンブルではありません。
あわてなければ、あせらなければ、確実な投資です。

確かに胸にすとんと落ちる物件はすぐには見つからないかもしれません。
しかし、あきらめなければ必ず皆さんの目の前に待望の物件は
姿を見せることでしょう。


頑張ってください。
私は兼業大家さんの灯台としていつまでも情報を発信し続けてゆきます。


追伸:

ほうせい氏に最初にお会いした時のことを今でも覚えております。
少し話した段階で、ほうせい氏の理解の早さ、
そして論理立てた質問に驚きました。

「伊藤さんは5年も経たないうちに、私の所有する戸数を抜くでしょう」
私がそう言うと、きょとんとされていました。

ほうせい氏のスピードは早い。
一般の方の倍か三倍のスピードだと存じます。

だからと言って、誰もが同じスピードを出す必要はない。
それぞれ独自の進捗速度でかまいません。

あわてないであせらないであきらめないで
ころばぬように笑顔で歩んでまいりましょう。


平成22年10月吉日
藤 山 勇 司
----------------------------------------------------------------



あなたは、この推薦状をどのように捉えましたか!?


不動産投資 地方プレミアム投資術→詳細を確認








このサイトは月200万円の不労所得を得る地方プレミアム投資術の内容 実践 口コミを公開しています。

nice!(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。